自動車ローンの利用資格

自動車ローンといっても誰でもが利用できるわけではありません。

今回はその利用資格について紹介します。

■自動車ローンの利用資格

自動車ローンの借入限度額はおよそ300万円から500万円まで借りられます。

そのため誰でも借りられるわけではなく、各自動車ローン会社による審査を通過しなければいけません。

一般的な審査基準としては

(1)年齢20歳以上、かつローン完済時点で70歳以下であること

(2)毎月安定収入があること

(3)カードローンやそれ以外の消費者金融など無担保での借入金の総額が年収の50%以内であること

(4)ほかのすべての借入金とあわせて、年間の返済額が年収の40%以内であること

(5)金融機関による身元保証が受けられること

以上の5つを満たしていることが自動車ローン審査で求められます。

ただしもちろん利用する自動車ローンや金額、用途によっても審査基準は変動します。

◎ディーラー系ローン(クレジット)の場合

ディーラーが紹介してくれる自動車ローンは比較的審査が緩いとされています。

そのため上記の条件を満たしている人であれば、申込をすれば審査は合格するでしょう。

ただし審査が緩い分、金利は高いです。

◎銀行系ローン(自動車ローン)の場合

銀行やJAなど金融機関が提供するローンは審査が厳しい傾向にあります。

年収に関する調査や借金に関する調査などが厳しく行われ、提出しなければいけない書類もたくさんあります。

その分金利は安いのが魅力です。

また職業や勤務先も審査の通りやすさに関係します。

やはり大企業に勤めている社員の場合は、安定した年収が見込めるため審査は通りやすいです。

一方自営業や派遣業、アルバイトの人などは、審査が通りにくい場合もあります。